2021年2月のおまつり「第44回上杉雪灯篭まつり」

雪灯篭 いべんと

2021年も米沢の風物詩「上杉雪灯篭まつり」が開催されます。

ー  中止になりました  ー

雪灯篭

 

上杉雪灯篭まつりってなに?

山形県米沢市で、毎年2月の第2土曜日と日曜日(2021年は2月13日と14日)に上杉神社・松が岬公園一帯で行われる冬のおまつりです。
約300基の雪灯篭と約1000個の雪ぼんぼり(雪洞)にローソクの火が灯されると、辺りは一瞬にして幻想的な世界に。

 

雪灯篭

上杉雪灯篭まつり
雪を固めて作った灯篭です。
市内の企業や学生たちが数日前から上杉神社・松が岬公園で作成します。
上杉神社・松が岬公園以外でも商店の前や道路わきなど市内のあちらこちらに雪灯篭が見られます。

 

 

雪ぼんぼり

雪灯篭
バケツやボウルなどに雪を詰めて固め、プリンのようにひっくり返してバケツ等を外し、ロウソクを入れる穴を開けて火を灯します。
簡単にできるため、各家庭でもお家の前に作って火を灯して楽しみます。

 

みどころ


雪灯篭

みどころは、なんといっても幻想的な世界!
寒さの中に温もりあり。
雪国じゃなきゃ味わえない最高のひとときです。

鎮魂祭

「第1回上杉雪灯篭まつり」は昭和53年に開催されました。
太平洋戦争戦没者の霊を慰めるために雪で鎮魂塔を作って献灯したのが始まり。
鎮魂の丘には大きな鎮魂塔が置かれます。

キャンドルゾーン

鮮やかでカラフルなキャンドルの光がとても華やかなコーナー。
愛のハートイルミネーションもステキですよ。

伝国の杜イベント

上杉神社に隣接する伝国の杜〔米沢市上杉博物館〕の展示室では米沢の歴史を学ぶことができます。
歴史好きにはたまりません。
伝国の杜のホームページはこちら

 

アクセス

車で出かける方

無料駐車場→シャトルバスで会場へ

【駐車場】
雪灯篭まつりの会場に駐車場はありません。
シャトルバス(有料)がおすすめです。
約20分間隔で運行されます。

 

◎道の駅米沢の駐車場(無料)からシャトルバスに乗り換えて会場へGo!

東北中央自動車道 米沢中央ICから1分
〒992-0117 山形県米沢市川井1039-1
道の駅米沢の公式サイトはこちら

 

 

◎米沢市役所の駐車場(無料)からシャトルバスに乗り換えて会場へGo!

東北中央自動車道 米沢中央ICから5分
〒992-0012 山形県米沢市金池5丁目2−25

 

【シャトルバス】

駐車場は無料ですが、各駐車場から利用するシャトルバスは有料です。
料金は片道 大人(中学生以上)200円 小学生100円 幼児無料
※2020年の料金です。2021年の情報が発表され次第更新します。

シャトルバスの発着所

①米沢市役所ー会場(伝国の杜)
②米沢駅ー会場(伝国の杜)
③道の駅米沢ー会場(伝国の杜)

シャトルバスの運行時間

2020年2月8日(土)10時30分〜21時30分
2020年2月9日(日)10時30分〜20時30分
※2020年の情報です。2021年の情報が発表され次第更新します。

 

新幹線・電車の方

JR米沢駅→シャトルバスで会場へ
(東京→米沢までは山形新幹線で約2時間)

米沢駅からバス
JR米沢駅で乗車~上杉神社前で下車
JR米沢駅で乗車~松が岬で下車

米沢駅からタクシー
JR米沢駅からタクシーで約10分

 

 

前年のイベントスケジュール
2020年2月7日(金)
・雪灯篭プレ点灯
2020年2月8日(土)
・テント村物産展
・ステージイベント
・手づくりロウソク体験コーナー
・鎮魂祭
・雪灯篭、雪ぼんぼり、キャンドルゾーン、ぼんぼりロード点灯
2020年2月9日(日)
・テント村物産展
・ステージイベント
・手作りロウソク体験コーナー
・雪灯篭、雪ぼんぼり、キャンドルゾーン、ぼんぼりロード点灯

 

 

まとめ

地元の名産や地酒などなど、美味しいものもたくさんあります。
幻想的な世界を味わって、地元の名産も味わって。
きっとステキな思い出になるでしょう。

2月のこの時期は吹雪になることもあるので、暖かい服装でお出かけください。
長靴もお忘れなく。

◆開催期間:2021年(令和3年) 2月13日(土)~14日(日)
◆会  場:山形県米沢市丸の内 上杉神社・松が岬公園一帯
◆第44回上杉雪灯篭まつりの公式サイトはこちら

 

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました