【くっつきにくいホイル】ダイソー(100均)のホイルはコスパ最強!

くっつきにくいホイル くらし
広告

100円ショップ「ダイソー」から、リピート買いの「くっつきにくいホイル」をご紹介します。

くっつきにくいホイル

この「くっつきにくいホイル」我が家では大活躍なのですが、使い勝手はもちろんのこととにかくコスパが良いです。
いろいろな100円ショップで取り扱う前から、ずーっとこの『くっつかない系』のホイルは使っていたんだけど、ホイルって使い捨てじゃないですか。
別にお高いヤツじゃなくても良いよなぁ。どっかに安いのはないかな?
と思って探していたところ、ありました。
見つけましたぁ!(数年前のおはなしです)

100円(110円税込)で買えて、しかもお高いホイルに勝るとも劣らず。
くっつきにくいホイルがあれば油を使わなくても良いし、オーブントースターの下部分も汚れないしくっつかないし。
(お料理がくっついたまま取れなくなるのってストレスですよねー)

とにかく紹介します。
紹介させてください。
ダイソーの「くっつきにくいホイル」です♪

【くっつきにくいホイル】ダイソー(100均)のホイルは何メートル?

ダイソーの「くっつきにくいホイル」は、なんと驚きの6メートル
ダイソー以外の100円ショップにも『くっつかない系』の商品はあります。
そちらは3メートル、4メートル、4.5メートルとそれぞれ。
6メートルという大容量はダイソーだけなんですよ。

くっつきにくいホイル(ダイソー)のサイズ
幅:25センチ
長さ:6メートル
厚さ:11マイクロメートル

【くっつきにくいホイル】ダイソー(100均)のホイルはどんな時に使う?

「くっつきにくいホイル」の使い道は人それぞれだと思いますが、個人的にはオーブントースターで冷凍ピザを焼くとき・お餅を焼くとき・鮭の切り身を焼くとき・ポテトチーズを作るときサイゼリヤの辛味チキンを焼くとき、そしてフライパンで肉や魚を焼くときなどなど数え切れないほど。
とにかく、くっついてもらっちゃ困るお料理の時は必ず「くっつきにくいホイル」の出番です。

フライパンでお肉を焼くときですが、油を引かないで「くっつきにくいホイル」を敷いて焼きます。
豚肉のソテーなどはとてもヘルシーに出来上がりますよ。

くっつきにくいホイル

ダイソーの「くっつきにくいホイル」の箱には使用例も載っているので、ダイソーに行ったら手に取って見てくださいね。

【くっつきにくいホイル】ダイソー(100均)のホイルの特徴

くっつきにくいホイル

ダイソーの「くっつきにくいホイル」にはシリコーン樹脂がコーティングされています。
表側がシリコーン樹脂、裏側は光沢ピカピカのアルミホイル。
お料理を乗せるのは表側のシリコーン樹脂が施されたツヤ消し面です。
パッと見、ツヤ消し面とピカピカ面がハッキリしているので、間違えることはないハズ。

それから、ダイソーの「くっつきにくいホイル」は『刃』が優しい。
箱がそのまま紙刃になっているので、燃えるゴミにそのまま出せます。

くっつきにくいホイル
※紙とはいえ、しっかりと刃物です。取り扱いには注意してね。

まとめ

今回はダイソーの「くっつきにくいホイル」をご紹介しました。
コスパ最強ダントツの「くっつきにくいホイル」はダイソーで買えます。

100均は見て回るだけでも楽しいのはもちろんですが、アイデアいっぱいのグッズが盛りだくさん。
自分がイメージしていたものとピッタリな商品を見つけたときの喜びったらも~!
これだから100均巡りはやめられません。

ダイソーの「くっつきにくいホイル」をぜひぜひ♪

[詳細]
商品名:くっつきにくいホイル
お値段:110円(税込)
サイズ:幅25センチ 長さ6メートル 厚さ11マイクローメートル
材質:アルミニウムはく
内面加工:シリコーン樹脂
オーブン、オーブントースター、フライパンで使用できます。
電子レンジは使用不可。

販売店:ダイソー
ダイソーのホームページはこちら

 


↑こちら100円ではないけど、ネットでも買えます。

 

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました