【焼肉トング】はダイソー(100均)がおすすめ!

焼肉トング くらし
広告

100円ショップ『ダイソー』で見つけた「焼肉トング」をご紹介します。

近ごろ我が家では、週に一度のお楽しみ♪ということで屋台横丁を使って焼肉を楽しんでいます。
網に乗せたお肉をじっくり時間をかけて焼いて食べるのがお気に入り。
お肉の脂が下に落ちるので、ホットプレートで焼くより美味しく食べられるのが嬉しいのです。

お肉を焼くときって、当然ですが生の状態から焼き始めますよね。
生のお肉から焼いてる途中までは”焼き専用のお箸”、そして食べるときに”食べ専用のお箸”に持ち替えなきゃいけないです。
生肉の菌が口の中に入って行かないように!です。

以前私は”焼き専用のお箸”に菜箸を使っていました。
菜箸を使いつつ、100円ショップを巡り歩いてずーっと焼肉トングを探していました。
菜箸よりトングでお肉をつかむ方が楽だもんね。

そしてやっと見つけたのです。
テーブルに置いても先っぽがくっつかない、そしてお肉をつかみやすい「焼肉トング」を!

今回はやっと巡り会えたダイソーの「焼肉トング」をご紹介です。

ダイソー「焼肉トング」の特徴

焼肉トング

ダイソーには「トング」という名のものがたくさんありました。
とにかく品揃えがとても豊富なので用途に合わせて選ぶことができます。
(トングは主にパンやパスタなど、食品等をはさんでつかむ道具です)

万能トングやバーベキュートング、スパゲッティトングやサラダトング、小さいトングなら薬味用トングや角砂糖用トングなどなど、お料理を取り分けたり盛り付けたりする時にあれば重宝するするのがトングです。

ダイソーの「焼肉トング」は長さも程よく、先端がギザギザになっていないので使いやすいうえ、使い終わったあとの取り扱いも簡単でした。
焼肉の時にはぜひ使ってもらいたい、おすすめのトングです。

ダイソー「焼肉トング」の良い点
・先端(お肉をつかむ部分)がテーブルなどにくっつかない形になっているので清潔
・先端(お肉をつかむ部分)が細いのでつかみやすい
・先端(お肉をつかむ部分)がギザギザになっていないので洗いやすい
・ステンレス製なので取り扱いが楽
・作りがしっかりしている
・100円(税別)なので家族全員分を揃えられる
ダイソー「焼肉トング」の残念な点
・ステンレス製なので火のそばに置くと熱くて持てなくなる

使いやすいトングの長さは?

ダイソーの「焼肉トング」の長さは22.6センチでした。
焼肉や揚げ物などでの使いやすい長さはだいたい20センチぐらいが良いらしいです。
短すぎると火傷につながるし、長すぎるとつかみづらいですよね。
我が家はもっぱらテーブルの上での焼肉なのでダイソーの「焼肉トング」の長さがピッタリなのですが、お外でバーベキューもしくは焚き火などの火力が強いお料理の時はもっと長いものを使ってくださいね。

トングの使いやすい長さの目安は
・盛り付けや取り分けするときのトング・・・15センチぐらい
・焼肉や揚げ物のトング・・・20センチぐらい
・バーベキューや焚き火などの火力が強いときのトング・・・25センチ以上

まとめ

いかがでしたか。
今回はダイソーの「焼肉トング」をご紹介しました。
テーブルに置いても先っぽがくっつかない、そしてお肉をつかみやすいというダイソーの「焼肉トング」です。

この「焼肉トング」のおかげで焼き網の上のお肉をひっくり返すのがとても楽になりました。
ダイソーの「焼肉トング」おすすめですよ。
見つけたらぜひどーぞ♪

[詳細]
販売店:ダイソー
商品名:焼肉トング
お値段:110円(税込)
サイズ:22.6×2.6×7センチ
材質:ステンレス鋼
ダイソーのホームページはこちら

 

 

 

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました