梅酒

梅酒を作ろう

梅酒、美味しいですよね。
梅は一年の間で5月末から6月末ぐらいにしか手に入らないので、作るなら今です。
今がチャンスですよ。

なぜ梅酒をおすすめするのかって?
梅酒はただ美味しいだけではないんです。
色んな効果が期待できる飲み物なんですよ。

準備するもの

梅 500グラム
氷砂糖 100~200グラム
ホワイトリカー 900ミリリットル

なのですが、とても便利な果実酒用の瓶があるんです。

じゃーん!

果実酒用の瓶の中にあらかじめ仕込まれたホワイトリカー。
ラベルに書いてある通り果実と砂糖を入れるだけ。
便利ですね~。

作り方

作り方は瓶ラベルに書いてあるのですが念のため

1、新鮮で痛みのない青梅を選び、良く水洗いして竹串でへたを取ります。
2、乾いたふきんで1粒ずつ水気をふきます。
3、この容器に砂糖と一緒に漬け込みます。
4、1ヶ月程で飲めるようになり、3ヶ月程熟成させるとよりまろやかになります。1年程熟成させるとさらにおいしくなります。

私はほぼこの手順で作りましたが、うちの母によると
「梅を洗った後、2~3時間お日様にあててから仕込むと美味しくなるよ」
との事でした。(先に言って欲しかった)

美味しい飲み方

梅酒の効果を最大限に引き出すのは『ホット梅酒』です。
熱々でフーフーしながらではなく、35~40度ぐらいに温めるのがベスト。
飲みやすく梅酒の香りも堪能することができます。

梅酒をお湯や水で割るのも美味しく頂けますが、
・りんごジュース
・カルピス
で割るのもおすすめです。

梅酒を割る割合は、5対5ぐらいでしょうか。
好みで調整してみてください。
ちなみに私が一番好きな飲み方は水割りです。
色々試して全部美味しかったのですが、今現在は水割りに落ち着きました。
水割りで梅酒本来の味を楽しんでいます。

効果や効能

男女問わず健康に良いと言われている梅酒。
よく耳にするのは疲労回復や夏バテ防止ですが、その他にも

・アンチエイジング効果
・リラックス効果
・胃酸の分泌を促す効果
・血行促進効果
・便秘解消効果

などなど、とにかく嬉しいことづくめ。
これは飲むに限る!

梅酒に含まれるもの
・クエン酸
・コハク酸
・ピクリン酸
・ビタミン
・ミネラル
・アルコール

まとめ

私は数年前から梅酒を作っています。
今現在飲んでいるのは去年作ったものです。
(それ以前のものはもう無い)
夏の暑い時期に毎日少しずつ梅酒を飲んでいるせいか、ここ数年夏バテ知らずです。
食前酒でもよし、寝る前にいただくもよし。
簡単に作って美味しく飲んで健康に!

宝酒造 果実酒の季節ホワイトリカー 900mlデカンタ

※梅はスーパーなどの野菜売り場や果物売り場で購入できます。
シーズン中は『梅酒作りの特設コーナー』を設けているお店もあります。

2020年6月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする